【むくみ原因.com】〜アルコール〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
693genin★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link




ここではアルコールが原因で起こるむくみについて、詳しく説明しています。

仕事の後のお酒は、仕事を頑張った自分へのご褒美。ほろ酔い気分だと気持ちが良くて、つい飲みすぎてしまう。友人とのお酒の席でも、会話が弾んでついつい飲みすぎてしまう。なんてことよくありますよね。しかし次の日起きると、顔や足がむくんで辛い、というのもよくあります。
もちろん適量であればお酒は体に良いことは知られています。しかし、度を超えて飲みすぎてしまうと、これも体に悪いことは良く知られています。さて、お酒とむくみにはどんな関係があるのでしょうか。

お酒は実は体にとっては「毒物」とみなされてしまいます。ですので、お酒を飲むと利尿効果が上がるのは、アルコールと言う毒素を早く体から出そうとする反応でしかありません。特に酔いが回って深酔いすると、脳の中枢機能も冒されるために体内の水分量の調節が次第に上手くいかなくなってしまうのです。
むくみは体内の水分バランスが崩れることによって起こるので、アルコールを摂取するとむくみが起きてしまうのはこの為です。

お酒を飲んでもむくまないようにするには、まず飲みすぎないことが一番です。それが一番難しいのですが、最良の予防法となります。そしてお酒と同時に水分も多く取る事です。お酒の肴として油の濃い食物ばかりつまんでいると、塩分濃度が高まりむくみやすい状況を作ってしまいます。出来る限り中和する為に水分を取るようにしましょう。
また酔いが醒めてからの入浴であればむくみを予防する効果はあります。汗を沢山かくことで、代謝機能を促進させてむくまないようにします。しかし、酔っている時の入浴は血行が良くなりすぎて高血圧になり危険な場合もありますので、その点には十分注意しましょう。


sponsored link



【むくみ原因.com】TOP

copyright©2013  【むくみ原因.com】〜浮腫の原因と解消法〜  All Rights Reserved